鳥の持つ菌による害を防止

相談

鳩は昔から人間と密接に生活をし、神社や公園にも多く存在していますが、鳥の持つ菌などの被害があるのも実情です。鳩害と呼ばれるものには、鳴き声や糞によるものがあり適切な対策をする必要があります。朝から家の近くで大きな声で鳴く鳩の声も、毎日の事となるととても迷惑な問題です。鳩の飛び立つ時の羽音なども大きく、恐怖感を感じる事もあります。また生き物なので糞をするのは当たり前なのですが、その糞による被害も多くあります。鳩の糞は悪臭を放ち、ダニやゴキブリなどの発生源となるほか、アレルギー物質や寄生虫などを媒介します。糞には金属を腐食させる酸性分が含まれている為、同じ場所にいつも糞をされる事によってフェンスなどは老朽化する原因になります。

鳩は同じ場所に糞をする特性がある為、それらの特性を掴んで対策する方法が必要です。一旦全体を見渡せる場所に停まって、安全である事を確認した後に行動に移します。ベランダや庭に鳩が良く来るという時は、危険であるという事を知らせる事で対策する事ができます。鳩の安全を確認する事ができないようにするためには、ベランダの端に停まらないようにする事が必要であり防鳥ワイヤーや忌避剤などを使って対策する事が効果的です。鳩は執念深い為、防鳥ネットなどを破ってでも侵入してこようとします。ただ垂らしてあるだけのネットなどでは、あっさりと侵入されてしまう可能性があるので注意が必要です。鳩が危険であると感じ、巣を作る事ができないと判断させるような対策をする事が大切です。